12/02/2016

ケンタッキー州のマンモスケーブに行ってきました!

今回の国立公園めぐりは、ケンタッキー州のマンモスケーブに行ってきました。
アメリカのど真ん中。丘陵地帯の森林や大規模農場の地下には、広大な規模を持つ洞窟がびっしりと詰まっています。
名前から勝手に想像して、マンモスが住んでいたのかとおもったのですが、そんな訳ではないです。
大きさは名前の通り、世界一の広さです。
決して大きな洞窟があるのではなく、大小の色々な洞窟が奥の方で上下左右につながり全体で広大な規模になってます。
なんと通行可能な洞窟の長さは600kmに及びます。
なのですが、ツアーで入れるのはその中のごく一部となります。
今回は11月の末の訪問となり季節的にはオフシーズンになりますが、それでも祝日を挟む日などは事前の予約は必要。
あらかじめ、混み具合を聞いていたので’Domes and Dripstones’を予約。
シーズンオフのため、参加できるコースが限定されており、2時間程度の中級者向けのツアーを選択。
オンシーズンには6時間を越えるハードな上級者向けのツアーもあるので、体力に自信のある方は、上級者コースを選択してください。

さて、出発はミシガンからの旅行になるのですが、車での移動は↓こんな感じです。
パークの入り口には、国立公園の看板があり、気分を盛り上げてくれます。
到着後に、最初にビジターセンターの窓口で予約確認書を出して、チケットを受け取ります。
そのときに、集合場所を教えてもらるので、時間になったら指定の場所に集合。
レストランも併設しているので、そこで昼食を取ることも可能です。
また、トイレいけるのもここが最後になるので、事前に用事は済ませます。
集合してからバスに乗車するのですが、そのバスがどうみても色を塗り替えたスクールバスっぽい。
出発前に、ガイドの説明が5分ぐらい入ります。
注意事項から洞窟の歴史など色々と情報を得てからバスに乗り込み、いざ出発!!
さて、いくつかある入り口の今回のツアーの入り口に到着すると、以外と小さい入り口・・・
コンクリートの建物に鍵がかかった緑のドア設置されており、そこからの入場。
まずは階段を150段ほど下りていくのですが、せ、せ、せ狭い・・・
大柄な人は参加出来ないかもと思える箇所も通過するので、体の大きい方はコースの選択は入念にしたほうが良さそうです。
階段をひたすら垂直に下るのですが、途中にいろいろな大きさの洞窟の入り口が見えます。
縦穴は水が上からしみ込んでいった証拠で、その穴の両側にできている洞窟はその時点での縦穴の底にあたり、水が出口を求めて左右に穴を掘っていった証拠だそうです。

一番下までいくと’マンモス・ドーム’が最初の通過点。
おもったよりも温かく(寒い時期にいったので)、以外と快適。
50人程度は収容できる広さなので、それほど圧迫感もなく洞窟ということを忘れそうな広さですが、電気がなければ真っ暗なので、やはり洞窟です。

その後は、縦の移動ではなく横の移動になります。
最終目的地は’フローズン・ナイアガラ’となるので、そこまで移動をするのですが至る箇所でライトアップされているので、撮影できるスポットは沢山ありますが、フラッシュ撮影は不可です。
30分ほど歩くと、巨大な鍾乳石が天井から壁を伝って床近くまで垂れ下がっている’フローズン・ナイアガラ’に到着。
まさに流れ落ちる水が凍りついたかのような迫力ある光景です。
ナイアガラで一息ついて記念撮影をしたら、その後は少し歩いてエレベーターで地上にもどります。
2時間のコースですが、最初はひたすら下るだけなので、全然辛くないコースなので、ご家族での参加でもお勧めです。
中にかは1歳から2歳ぐらいの子供を抱っこしてるお父さんもいるぐらいです。

体力に自信がありもっとハードなコースがよい方には全然物足りないので、6時間コースがお勧めです。
私も次回は体力自慢の友人と一緒に6時間コースに参加してみようかとおもってます。








11/22/2016

ハワイのディズニー・アウラニへ行ってきました!

今回はハワイにあるディズニーリゾート、「アウラニ・ディズニー・リゾート&スパ  コオリナ・ハワイ」をご紹介します。
西海岸から3泊のハワイへの旅の初日、1泊だけ思い切って泊まってみることにしました。
なぜ1泊だけかというと、本来の旅の目的はワイキキでの友人の結婚式に参列するためだったのと、高いから・・・。
そうです、アウラニは1泊 1室 $ 500.00以上はする超高級リゾート、なかなか連泊はできません。
と、なると考えるのはいかに効率よく、リゾートを満喫するか。
1泊でも大満足のアウラニ滞在レポートしたいと思います。

アウラニはホノルル国際空港から西に車で約25分、コオリナと呼ばれる高級リゾートの立ち並ぶエリアにあります。
ホノルル国際空港に到着したのが、午前11時45分、レンタカーを借りたり、途中でお昼 (ハワイのファミリーレストラン・Zippy’s)をとったりして、結局アウラニに到着できたのは午後3時前。
本当はその日の3時からAunty’s  Beach Houseで始まるStitch’s Space Gooに参加したかったのですが、時間がぎりぎりになってしまったことと、事前のオンライン登録が必要だったのと、更に大人は参加できず子供だけのアクティビティになることから断念。
これは完全にリサーチ不足でした。
残念な私たちの横をStitchが愛想よく通り過ぎていきました。

ちなみに、ホテルに到着後はホテルのスタッフがそれはご丁寧に出迎えてくれて、生花のレイやシェルレイを首にかけてくれます。
子供にはアウラニ特製のネックレス。
玄関にある無料のinfused water はいろいろなフルーツの味がして、最高でした。

気を取り直して、水着に着替え、まずはビーチへ。
プライベートビーチで、波も穏やか、ワイキキビーチのような混雑もなく、安心して子供を遊ばせておくことができます。
水もとても綺麗で、小さな魚も泳いでいます。
午後3時過ぎとはいえ、まだまだ日差しは強く、パラソルのついているビーチチェアの確保は必須です。

プールサイドでタオルを借りられますが、そのためにはルームキーの提示が必要です。
その際リストバンドももらえますが、これは宿泊者である証で、キャラクターと一緒に写真を撮る際に必要になりますので、最初にリストバンドをもらっておいたほうがいいかもしれません。
このリストバンドは毎日色が違うので、翌日はまた同じようにその日のリストバンドをもらうことになります。
ビーチに飽きたら、ウォーターパークへ。
種類が多く、ウォータスライダー、流れるプール、スプラッシュ・ゾーン、スパと飽きることがありません。
たださすがに夕方ともなると肌寒くはなってきますので、ご注意を。

食事はアウラニのリゾート内のレストランのほか、徒歩10分の場所にレストランやABCマートの入ったモールがあるので、散歩がてらそちらに行くのもお勧めです。
私たちはそのモール内の「Monkeypod」というレストランで夕食をとりました。
ここはハワイの食材を取り入れた料理を出す人気店で、多くの人で賑わっていました。
夕方になると涼しくなってきて、オープンエアのテーブルでの食事は本当に気持ちが良かったです。
ただし、量は少し上品な感じですので、ご注意ください。

翌朝は6時に起きて、ビーチサイドでのストレッチに参加。
朝日が昇るのを見ながらのエクササイズは最高です。
別料金で「オーシャン・ヨガ」というプログラムもありますが、こちらはビーチサイドでのヨガではなく、サーフボードで沖に行き、サーフボードの上でヨガをするという難易度の高いプログラムですので、間違わないようにしてください。
私は危うく申し込むところでしたが、定員オーバーで参加できませんでした。
参加できていたらと思うと、恐ろしくなります。
運動の後はビーチ沿いを散歩して、昨日と同じモールのコーヒーショップで朝食をとりました。
このIsland Vintage Coffeeも人気のお店です。
コーヒー豆をお土産に買いました。

ホテルに戻り、チェックアウトをしてベルデスクに荷物を預けて、キャラクター・グリーティングへ!
どのキャラクターが何時にどこに現れるのかは、その日の朝に客室内にある電話から指定の番号に電話をかけるとわかります。
ミッキー&ミニー、デイジー、チップ&デール、グーフィー、そしてダッフィーにも!
多くのキャラクターと写真を撮ることができます。
リゾート内を歩いていることもあるので、キャラクターに会える確率はとても高いです。
写真を撮るために並びますが、それでもディズニーキャラクターとの写真は貴重です!

チェックアウト時にシャワールームのカードキーをリクエストすると、敷地内のシャワールームが1回使えますので、2日目も夕方近くまでアウラニを満喫しました。
失敗だったのは、ビーチチェアの争奪戦が激しかったこと。
のんびりとチェックアウトをして、プールサイドをうろうろしたら、ビーチチェアがひとつも空いてませんでした・・。
恐らく、朝早くみんな陣取りをしているのかな・・と。
1泊でも十分楽しめたアウラニ滞在ですが、時間と予算が許すのであれば2泊が理想だとは思います。
2泊あれば間違いなしですね。

IACEトラベルではウォルト・ディズニー・ワールドやディズニーランド・リゾートのほか、アウラニディズニー・リゾート&スパ  コオリナ・ハワイのご予約手配も承っております。
ご興味のある方はぜひご連絡ください!お待ちしております。

11/18/2016

サンディエゴにある空母ミッドウェイ博物館

アメリカが軍事的に強い国である象徴の一つに空母があります。
サンディエゴには退役した空母ミッドミッドウェーが博物館として公開されておりますので見学に行ってきました。
入り口
入場料表
印象はと言うと、とにかくデカイ!大きな鉄の塊が海に浮いている感じです。
長さが297メートル、幅80メートルの舟なんです。
舟と言うより鉄の島のように見えます。
若い水兵さんのセレモニーをやってました。
管制塔内
指揮官の椅子
アポロ宇宙船を引き上げたヘリ

第二次世界大戦後1945年9月10日に就役し、ベトナム戦争、アポロ宇宙船引き上げ、湾岸戦争に参加。
1973年10月から横須賀配属されていた為に見られた方もおれるでしょうね。
現在はサンディエゴ湾に博物館として展示されております。
旗が文字になっているんですね。
運動会の旗ではなく、これも文字になっているようです。
上官の机の上に、鳥居がありました。

サンディエゴ湾に停泊されているのでダウンタウンから海に向かって行けばすぐに見えてきます。
着いたら家族連れや、カップルでにぎわっていました。
中に入ると、受付があり日本語オーディオもあります。
是非、それを借りた方がいいと思います。
こんなに沢山飛行機を搭載しているんですね。
水兵さんの寝床。
お疲れ様でした。

見学時間は2時間程度の予定でしたが、3時間半になってしまい、それでもまだ足りないぐらいでした。
サンディエゴに行かれる際は、ここもお立ち寄りの場所にしてください。